腹が減っては戦は出来ぬ〜と言いますが、実はちょっと腹が減っていた方が戦は進みます

お昼ご飯を食べた直後が凄く眠くて、仕事や午後からの授業に身が入らない〜なんて事は誰しも経験しているかと思います。

それは、胃腸で食べたものを消化して吸収するために、体中から血流が集まって来ているので、それで頭がぼんやり〜したり眠くなったりするのです。

つまり、その時の脳内に血流が余り流れていない〜つまり、おバカな状態にあると言っても過言では無いのです。

そんな状態で、もし戦に出ていたりしたら間違いなく正しい判断や戦略が練れる筈も無く、確実に負け戦を強いることになるのは目に見えている事でしょう。

なので、出来ればお昼ご飯を食べた後は1〜20分程度の仮眠タイムを作り、うすぼんやりした頭をスッキリさせるべき!なんじゃないか?と思うのです。

が、何故か日本の教育機関では〜そんな事は無駄な事?とか思っているのかどうかは分かりませんが、とにかくお昼休みの仮眠タイムみたいな時間を設けずに〜午後の授業や仕事にまい進させてしまうので、それで成績を落としたり仕事の効率が下がったりしているのです。

海外では〜特にヨーロッパ圏では、お昼ご飯の痕に昼寝タイムがあったりして〜それで勉強と仕事の効率を上げているんですけどね〜。

そう言う部分をもっと日本は参考にして欲しい!と思っていたら、近年自治体によってはそう言った昼寝タイムを導入している中学校や高校がある様なので、今後は昼寝をした場合としていない場合との成績の差などを比較研究して行く事で、昼寝の必要性を検討して行く学校が増えるかもしれません。

と言う事で、昼寝して〜頭がすっきりしてから勉強した方が確実に先生の話も頭に入って行くと思うので、是非今後実践する学校が増えると良いと思います。

プライベートジム 比較
してから通ったほうがいいと思います。
が、社会人の方はどうも会社によって指針は違いますが、導入されている会社の方が圧倒的に少ないので、その辺は個人で色々調整しろと言う事なのでしょうが、昼寝タイムを作る会社も今後増えて行って欲しいものです。



どうにも慢性的な疲労が取れなかったので、初めて鍼灸院なるものに行ってみた。

鍼の先生、なんかの宗教みたいにオーラ送ってくるんですが、一体どうなるのでしょう?

鍼がぷつっと刺さりました。ぜんぜん痛くありません。電気が走るわけでもありません。ん、でも鼻がすーっと通るようになった気がする。

先生曰く。肝臓がヘロヘロになっててヤバイです。頚椎が曲がってます。頭の左半分が腫れ上がってるので、これは対人ストレスが溜まってますね。

肝が弱ってると、全体にパワーダウンする。頚椎が曲がってるとやたらと肩が凝る。対人ストレスは今の現場のマネージャが頭おかしいからガンガン溜まってる。全部あてはまるじゃねーか、東洋医学すげっ!!

西洋薬みたいに即効で顕著な効き目があるわけではないが、なんとなく全体に色んなところの通りが良くなった感じはする。
なるほど、しばらく通ってみますか。